うさぎ

長~い春休み、みなさんいかがお過ごしですか??

うさぎ組の担任になり、早いもので1年があっと言う間に終わってしまいました。

この1年でうさぎ組の子ども達は体も心もたくさん成長してくれました。
自分以外の人に興味を持ち、他の人と心を通わせる為に優しい気持ちを大切にしたり、今自分に出来る行動をとったり、どんな言葉を使えば自分の気持ちをお友達に伝えられるか…。
などなど、どれもとっても大切な成長段階をきちんと歩む事ができました。

そして行事を終えるたびに集団行動の大切さを知ることができました。個々の力を合わせるとパラバルーンが上手に膨らむけど誰か一人でも欠けるとパラバルーンが上手に膨らまない!
お休みのお友達がいると猿かに合戦の劇が止まってしまう!
など自分は、お友達は欠けてはいけない大切な存在なんだと感じる事が出来ました。
その証拠に3学期になり流行りの風邪などで長期お休みのお友達がいると、
「また、今日もお休みかぁ…。」「今日は、全員揃ったね!」
と心配した表情や嬉しそうな表情が見られました。
子ども達から感じる自分以外の人を大切に思う気持ちに、私はいつも心が温かくなりとっても嬉しかったです。

4月からは年長さんです!
体力もつき、出来ることがたくさん増え、それがまた自信に繋がりとっても楽しい1年になると思います。これからも子ども達を見守り応援したいと思います。

保護者の皆様1年間本当にありがとうございました。
たくさんたくさんご迷惑をお掛けしました。
その度に「大丈夫ですよ」と声を掛けて頂き本当に救われました。
復帰第1号クラスがうさぎ組で本当に良かったです。
1年間、ご理解ご協力ありがとうございました。

さてさて、ここからは大泉家の近況を…。
まず、長男は反抗期の入口に立っているのか最近よく、口ごたえをするようになってきました。
表情や話し方を見ていても今は機嫌悪いなと感じるほどです。
「あんなに可愛かったのに…。」
とさみしい気持ちもありますが、前向きに考え「ちゃんと成長してるな」と思うことにしました。
この前、リップスティック(スケートボードみたいな乗り物)の練習をしている時、私が「ここは危ないから、もう少し向こうで練習してね」と伝えると私の言葉とうまく出来ないイライラがコントロール出来ずに「お母さんは、こないで!あっちにいって!!」と言われ家に戻りました。本当は「自分が上手く出来ないからってお母さんにあたらないで!!」と言いたいところをグッと飲み込みました。
その後、時間になり帰ってきた長男がすぐ私のところにきて「お母さん、さっきはごめんね。」と謝ってきました。
色々話たい事はありましたが「気にしてないよ。ごはん食べよう!」と伝えました。
息子の可愛い反抗期と上手く付き合いたいと思います。

娘は4月から小学1年生になります。「友達100人できるかな?」と小学校生活をとても楽しみにしています。

次男はひらがなにやっと興味を持ち始め、読める字があると「お母さん!あ!あ!」と教えてくれるようになりました。

うさぎ組の子ども達は、元気に過ごしていますか??とても気になります。
まだまだ暗いトンネルの中ですが、皆で励まし合い乗り切りましょうね。4月に元気な子ども達に会えるのを楽しみにしています!